家族の在り方

家族という最小単位のコミュニティよりも仕事や友人を優先する現代人の病

夫婦コミュニケーション研究家のやっちです。

 

 

 

あなたは家族という小さなコミュニティを、人生においてどのような位置に置いていますか?

僕は16歳の時に母を亡くし、しばらく父と疎遠になる時期がありました。

兄とは小さな頃からずっと仲良しで、兄がいなかったら今の自分はないと断言できます。

32歳になり、お互いに家族を持った今でも仲良しです。

 

僕には兄がいたから良かったんですが、いなかったら命を絶つことも考えたかもしれません。

そのことで思い出すのは、前職で自殺してしまった女性の同僚がいたことです。

彼女のご両親は、「普段とまったく変わらず、変化に気付けなかった」と言っていたそうです。

直前のSNSの投稿は、とても充実している様子でした。

 

僕は当時(24歳ぐらい)付き合っていた彼女とうまくいっていない時、そして父と疎遠だった時の心の状態はぐちゃぐちゃでした。

営業で良い成績をおさめたり、称賛されたりすると、自分には価値があると思っていました。

SNSでもいいね!やコメントの数で心が高揚したり乱されたりすることが多かったです。

要は、一時の刺激で、不安定な心を整えては乱すを繰り返していたわけです。

あなたは頑張りすぎてませんか?大丈夫?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です